洋楽初心者におすすめ!Apple Musicプレイリスト4選

POP

僕は音楽のサブスクリプションサービスはApple Musicを使っています。
Apple Musicでは、毎月約1,000円払うだけで、約6,000万曲もの音楽を聴けます。
音楽のサブスクリプションサービスはとても便利ですが、とはいえ最初から数千万曲聴けたとしても、
洋楽に興味があってこれから聴こうとしている人にとっては、最新の流行りとかどれがおすすめなのか分からないですよね。

そんな洋楽初心者の方のために、僕がおすすめしたいプレイリストをまとめてみました。
今回おすすめするプレイリストには、ニッチなジャンルの曲は入ってません。
とにかくポップで聴きやすくて「洋楽って良いな」と思っていただけるプレイリストを用意しました

Office DJ

「オフィスでの仕事のモチベーションを上げる」がコンセプトのプレイリストです。
(今はコロナのため「Home Office DJ」という名前になっています)
ただ、このプレイリストはオフィスで聴かずともどのシーンで聴いてもモチベーションが上がるプレイリストです。

このプレイリストは、比較的最近にリリースされた、「2番手」の曲で構成されていると言えます。
「2番手」とはどういうことかというと、例えばエド・シーランのアルバム”No.6 Collaborations Project”からの曲だと、
このアルバムの代表曲である”I Don’t Care”ではなく、あえて”South of the Border”を優先的に選んでいるところです。

Ed Sheeran – South of the Border (feat. Camila Cabello & Cardi B) [Official Video]

また、ジャンルはほとんどをポップとダンスが占めています。
そのため、「超有名曲とまではいかないけど、それなりに有名な曲を聴きたい」という初心者の方にはちょうど良いプレイリストだと思います。
聴き流しているだけでもテンションが上がる曲ばかりですので、ライブラリに追加しておいて損はないです。

Today at Apple

続いては、Today at Apple。
Apple Storeで実際に流されている曲が選定されています。

Apple Storeでアップルの商品を見る・買う体験を高めるためのプレイリストだけあって、空気感のある、比較的落ち着いた曲が多いのが特徴です。
そのため、オルタナティブやエレクトロニックといったジャンルの曲も入っています。
ヒット曲に限らない曲で構成されているため、新しい曲やアーティストとの出会いが期待できるプレイリストです。

New Nordic

地域を北欧に絞ったプレイリストです。
アヴィーチーやアバに代表されるように、北欧ミュージックの良さはとにかくポップなメロディです。
その北欧らしさが、このプレイリストにも表れています。
最近のアーティストで言うと、アレッソ(スウェーデン)やカイゴ(ノルウェー)が象徴的ですね。
ちなみに僕のお気に入りアーティストはAURORAです。
透明感のある声で、少し不安定な歌い方をする所が、神秘的な雰囲気を醸し出していて好きです。

AURORA – Exist For Love

また、北欧地域に絞られているプレイリストのため、高確率で知らないアーティストと出会えます。

Hits Essentials

最後は、「Hits Essentials」と名の付くプレイリスト。
このプレイリストは、2010年代、2000年代と、10年ごとに年代を区切ってヒット曲をまとめたプレイリスト群です。
年代別にヒット曲がまとめられているため、特に昔のヒット曲を知るには手っ取り早いプレイリストです。
ちなみにApple Musicで「’○○ Hits Essentials」と検索をかけてみると、1950年代までプレイリストがありました。
(1920~40年代は、「Jazz & Pop Essentials」としてまとめられていました。)

この記事で色んな曲と出会ってもらえれば嬉しいので、
一気に1960年代までのプレイリストを貼っていきます。


今回は様々なアーティストの曲で構成されたプレイリストを紹介しました。
ぜひこれらのプレイリストを登録して、新しいアーティストと出会っていただければ嬉しいです!


タイトルとURLをコピーしました