【動画あり】家にいる今だからこそじっくり見たいOK GoのおもしろPV

ROCk

はじめに

いかがお過ごしでしょうか。

この記事を書いているのは2020年5月ですが、まだまだ「コロナ」が収まっていません。
自粛生活が続いています。

そんな中、僕は「新型コロナウイルスでSpotifyでの再生数が落ちたわけ」という記事を見かけました。
要約すると以下の様な内容の記事です。

「コロナウイルスの影響で自粛生活になったことで、Spotifyの再生数が欧米各国で約10%落ちている
元々ストリーミングによる再生数が最も増えるのは金曜日と土曜日で、人々がもっとも多く外出するときであり、
生活がより日常的で、何か楽しみを探しているときに、人はストリーミングで曲を聴くリスナーとなる。」

なるほど。
たしかに音楽自体、日常生活の楽しい時に聴きたい。

しかもストリーミングの音楽体験が「何か作業をしながら音楽を聞く」という聞き流す体験が主流だなぁ。

家でじっと過ごすとなると、「日常生活に音楽を添える」という気が起こりにくいのも分かる。

とはいえ、音楽は人の心を動かして生活に活力をもたらすことができるし、こんな時だからこそ、より多くの人に音楽にじっくり触れてほしい。
それならば、逆に音楽としっかり向き合う時間を作るのはどうだろう?
こんな時だからこそ、あえてPVをじっくり見て楽しむことはできないだろうか?

うーん・・・PVを見て楽しめるアーティスト・・・。

いた。

OK Goだ。

OK Go – Here It Goes Again より
※彼らは音楽を作るアーティストです

彼らなら僕たちを楽しませてくれる。
OK Go以上に面白いPVを作るアーティストを僕は知らない。

こんな時だからこそ、OK Goのおもしろ楽しいPVをじっくり鑑賞して気分を上げたいと思います。
もし、OK Goを知らない人がいたら、1つだけでも良いのでPVを見てみてください。
おもしろくて他のPVも見てみたくなりますから。

総勢2,400人でワンカット撮影!

OK Go – I Won't Let You Down – Official Video


OK Goといえば、この動画でご存知の方も多いのではないでしょうか。
これは日本で撮影されたPVで、
ホンダのUNI-CUBというイス型の乗り物にOK Goのメンバーが乗って、
ドローンで、ワンカットで、約2,400人で撮影するというとても面白いPVです。

そして、ちゃっかりPerfumeの3人もカメオ出演しています。

このバンドのPVの面白さがとても伝わると思うので、ぜひ見てみてください。

「ランニングマシーン8台」でグラミー賞を獲得した伝説のPV

OK Go – Here It Goes Again

OK Go伝説はここから始まった!と言える画期的なPVです。
PVで使われているのはランニングマシーン8台
これだけでとてもクリエイティブなPVを作成しています。
見ているだけで元気が出てくる、楽しいPVです。

そして、なんとこのPV、そのクリエイティブさが評価されてグラミー賞を獲得しているんですよ。

RECORDING ACADEMY GRAMMY AWARDS© より

今までグラミー賞を獲得したPVの中でも1番予算が少ないのではないでしょうか。(神コスパ!)
それほどクリエイティブさが評価されたPVです。

ぜひご覧ください。

大人の本気を見せたピタゴラ装置

OK Go – This Too Shall Pass – Rube Goldberg Machine – Official Video

NHK番組の『ピタゴラスイッチ』で登場する「ピタゴラ装置」はご存知だと思います。

そんなピタゴラ装置が彼らの手にかかると、想像を超える壮大なスケールでピタゴラ装置が繰り広げられます。
「こんな物まで使うの!?笑」というくらい本当に色んな物という物を使って装置を作っています。
ちなみに、ピタゴラ装置は曲の一部に取り入れられているわけではなく、
PVの最初から終わりまで、1曲分まるごと1つのピタゴラ装置が動き続けます。
今までピタゴラスイッチの規模でしかピタゴラ装置を見たことがなかった僕はこのPVを見た当初、
唖然として口が開いたまま4分間見っぱなしでした。

しかもその装置の動きは、曲のリズムとピッタリ。
途中でピタゴラ装置が曲を補完するような演出まであります。
これほど、一度見始めたら最後まで止められないPVは無いのではないでしょうか。
ぜひ一度ご覧ください。

(ちなみに、「ピタゴラ装置」は正式には「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」と呼ぶそうです。)

発想が面白すぎ!思わず笑っちゃうアイデアPV

OK Go – Needing/Getting – Official Video

ここまで紹介したPVを見てお気づきかと思いますが、OK GoのPVの魅力はそのスケールの壮大さです。
そんな人数でやる!?とかまるまる1本のPVピタゴラ装置でやる!?とか。

このPVも、スケールがデカいです。

スケールがデカすぎてもはや笑ってしまうPVを彼らは作ってしまいました。

一体何のスケールがデカいかって?それは見てのお楽しみ。

個人的に僕が1番好きなPVです。
最初に見た時は、良い意味でバカバカしくて笑ってしまいました。
(ボーカルのダミアンは、この撮影のためにドライバーの免許を取ったんだとか。)

時に不思議な世界へ連れて行ってくれる

OK Go – The Writing's On the Wall – Official Video

最後に紹介するのは、目の錯覚を活かしたPVです。

様々な仕掛けによって、僕たちを目の錯覚の世界へ連れていってくれます。
少しフワッとした印象の曲調とも相まって、PVを見ている間は不思議な感覚になることができます。

僕が2番目に好きなPVです。

おまけ

ちなみに、OK GoのPVはすべてこんなに面白いPVなのでしょうか?・・・否です。

最初期のPVはこんな感じ。

OK Go – Get Over It

(OK Goには悪いけど)めっちゃ普通・・・笑
このバンドが数年後にランニングマシーン4台でグラミー賞を取るとは誰も予想付きません。
曲は普通に良いのでもし良かったら聴いてみてください。

さて、今回紹介したPV以外にも、OK GoのPVは見ごたえがあるものがたくさんあります。
ぜひ、OK GoのPVを見ておうち時間を有意義にしてみてはどうでしょうか。


タイトルとURLをコピーしました