【ライブ予習】Katy Perryの魅力まとめ!

POP

ケイティ・ペリーが今月末に来日!

来たる2018年3月27~28日さいたまスーパーアリーナKaty Perryのライブが開催されます!!!

TOUR_MASTER_DESKTOP

あの!

ケイティーが!

日本に来るなんて!

しかもライブで曲を歌ってくれるなんて!

(僕は去年Cold Playのライブに行ったのですが、あれ以来の)猛烈なテンションの高まりを感じます。

 

これはワクワクしかありません。

 

もう楽しみすぎるので、今回はケイティ・ペリーの魅力についてとことん語っていきます。

もし、僕と同じようにライブが楽しみすぎて仕方ない方がいれば、ぜひ一緒にライブの予習ができればと思います。

(初心者向け、中級者向け、上級者向けとレシピを用意したのでお好みの量でご一読ください。)

 

【初心者向け】押さえておくべきケイティの魅力!

「ケイティー・ペリーのことはよくわかんないけど名前は知ってるし有名だから勢いでライブチケット買っちゃった!」って方は、正直めっちゃ運がいいです。ケイティーは初めて聴く人でもノれる曲がたくさんあるんですよ!

珠玉の7曲をご用意したのでぜひ見てみてくださいませ。

この辺を押さえておけば、ライブで楽しめること間違いなしです。

 

これだけは聴いておこう!ケイティ・ペリーのおすすめ7曲

①I Kissed A Girl (2008)

Katy Perry – I Kissed A Girl (Official)

You Tubeで1.3億回再生

 

②Teenage Dream (2010)

Katy Perry – Teenage Dream (Official)

You Tubeで2.1億回再生

 

③Last Friday Night (2011)

Katy Perry – Last Friday Night (T.G.I.F.)

You Tubeで10億回再生

 

④California Gurls (2010)

Katy Perry – California Gurls (Official) ft. Snoop Dogg

You Tubeで4億回再生

 

⑤Firework (2010)

Katy Perry – Firework (Official)

You Tubeで10億回再生

 

⑥Roar (2013)

Katy Perry – Roar (Official)

You Tubeで24億回再生

 

⑦Birthday (2014)

Katy Perry – Birthday (Lyric Video)

You Tubeで2.6億回再生

 

いかがでしたでしょうか?

イントロからとにかくポップで耳に残る曲が多かったと思います。そう、この「ポップさ」が何と言ってもこれが彼女の魅力です。

しかし、ポップな曲は彼女以外のアーティストもたくさん歌っています。それなのにYou Tubeの再生回数を見てもわかるとおり、こんなに人々の心を惹きつけるのはなぜでしょうか?

僕は、「力強さ」だと思います。特に”Roar”を聴くとわかりますが、あんなにポップなメロディなのにとても力強い歌い方。

これは他を圧倒します。声質も影響し、彼女しか出せない曲の雰囲気が出来上がっています。

彼女の覇気がある声と、低音の効いたビート、どこまでもポップなメロディ。これらが絡み合って、聴く側の僕たちまでカロリーを消費するんじゃないかってくらいにアツくさせてくれます。

 

バラエティーに富みすぎているビジュアル

僕は、彼女の魅力は曲もさることながら、ビジュアル」にもあると思います。

まず、上で紹介したPVやそれ以外のPVに出てくるKaty Perryを少しピックアップしてみたので見てみましょう。

 

  • California Gurlsの時のKaty

californnia gurls

 

  • Wide Awakeの時のKaty

wide awake

 

  • Dark Horseの時のKaty

dark horse

 

  • Chained to the Rhythmの時のKaty

chained to the rhythm

 

どうでしょう?

この髪型目力、そして表情

彼女1人なのにバラエティーに富みすぎている・・・。本来の髪の毛の色は何色なんだっていうくらい、髪色に変化が富んでいます。

1人のアーティストでこれだけの表現の幅でキャラクターを演じ分けることができる人は見たことがありません。しかもその演じ分けたPVの曲はすべてYou Tubeで1億回以上再生されているという・・・Katy Perryは正真正銘の、モンスター級のアーティストですね。

ライブではどんな衣装で僕たちを楽しませてくれるんでしょうか?

あぁーー楽しみだ・・・。

 

【中級者向け】ケイティの魅力をさらに深掘り!

「Katy Perryの曲は何曲か知ってる!California Gurlsとかいいよね!」という方には、ケイティの魅力を「曲」からもうちょっと範囲を広げて、「アルバム」や「ライブ」視点で情報をお届けしましょう。

 

アルバムは何枚出している?

Katy Perryは、これまで合計4枚のアルバムをリリースしています。

  1. One of the Boys (2008)71HbfH0kMGL._SL1050_
  2. Teenage Dream (2010)Katyperry_teenagedream
  3. Prism (2013)tyci-60004_Tmb_extralarge
  4. Witness (2017)UICC-90006

One of the Boysにはポップ歌手としての初々しさがあり、ただしっかりと地に足が着いている感じがしませんでした。

しかし、Teenage Dreamで「Katy Perry」というブランドを確立させます。このアルバムで誰にもマネをすることができない領域にたどり着いたと思います。

そして、Prismではその「Katy Perry」に力強さが加わりました。

2017年リリースのWitnessでは、これまでの3枚のアルバムとは少し違う路線の音楽に挑戦しています。(髪をバッサリと切り落としたことからもその路線変更への覚悟が見て取れます。)

今回のライブは、この「Witness」の曲を引っ提げてくるため、『WITNESS: THE TOUR』というライブ名がついています。

 

オススメライブ映像を紹介!

Katyのアルバムを紹介した次は、ぜひ過去のおすすめライブ映像を見ていただきたいです。

僕のおすすめのライブは、2015年にアメリカで行われたスーパーボウル(アメフトの全米1決定戦)のハーフタイムショーです。

ここの舞台に立てるアーティストは、”ガチもん”のスーパーアーティストだけで、過去にはマイケル・ジャクソンマドンナポール・マッカートニーなどが出演しています。そして、2015年についに彼女が選ばれました。「おぉ、とうとうKaty Perryも世界から認められるアーティストになったのかー」と感じたのを覚えています。

では、Katyの魅力がとことん詰まった15分をお届けしましょう。

Katy Perry – Super Bowl 2015 – HD

いかがでしたか?

個人的には、この2曲が特にシビれました。

  • Roar

まず、あのめちゃくちゃデカいライオンに乗って登場するなんて誰が想像したでしょうか。

さすがスーパーボウルの演出はスケールが違います。しかも、Roarを歌い終わるときにライオンが立ち上がるとは・・・、物凄い迫力を感じました。

  • Firework

そして最後の曲、Firework。まず、一歩も動けない不安定な足場で笑顔を保ちながらフルボイスで歌うなんて所業、普通できません・・・。

しかも、その歌によって観客を湧かせ、画面越しに見ている僕たちをも感動させます。

なんなんだ彼女のエンターテインメントは・・・ただひたすらに感動させられっぱなしでした。

もちろんハーフタイムショーだけでなく、彼女のライブはほかにも迫力満点なのでぜひ見てみてください。

 

【上級者向け】これであなたもKatyマニア!?

「Katyの曲は、さっきのおすすめ7曲なら普通に何回も聴いたことある!ライブ映像もいいよね!」という方は、ぜひ友だちになりたいです。笑

そんな方には、これを知っていればもう「Katyマニア」と呼べるくらいの情報をお届けしましょう。

 

“Katy Hudson”とは誰か?

ここで突然ですが、Katy Hudsonという名前のアーティストをご存じですか?

「ケイティ・ハドソン・・・、ケイティ・ペリーの親か何か?」と思われた方も少なくないかもしれません。

 

実は・・・Katy HudsonはKaty Perryなんです!!

 

「いや何言ってんだコイツ」じゃないですよ、事実なんです。

実は、Katy Perryは、「Katy Perry」として活動する前に、Katy Hudsonという名義で活動していた時期があったんです。

百聞は一見にしかず。さっそくそのKaty Hudsonを見てみましょう。

Search Me – Katy Hudson (Katy Perry) (March 2002)

 

どうでしょう?

今のポップなイメージと全然違いませんか??

まず、ギターを弾いている!

ポップスターになる前はアコースティックな路線で売り出していたんですねー。

そして髪が短い!黒い!素朴な感じ!

今のカラフルな髪や服装とはかけ離れていますね。とても意外ですが、逆に新鮮な感じがします。

ちなみに歌い方については、今の覇気のある歌い方の片鱗が見てとれますね。

 

この映像を見て僕は、なんとなくEchosmithを思い出しました。

もし「Katy Hudson」が売れたら、もしかしたらこういう路線になっていたかもしれませんね。

Echosmith – Cool Kids [Official Music Video]

 

「Katy Perryは、実はKaty Hudsonという名義で活動していた」という事実はご存じでしたでしょうか?

ここまで読んでいただいたあなたは、もうKaty Perryのマニアと呼んでいいでしょう!

 

もう、とにかく楽しみなんです。

さて、ここまでKaty Perryについてとことん語ってきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事を通して言いたいことは、もう、ライブがとにかく楽しみなんです、ということ。

その気持ちだけでここまで駆け抜けてきました。

TOUR_MASTER_DESKTOP

 

この記事を読んで、一緒に予習をしてくださった方はありがとうございました。

 

僕はしっっっかりとライブを楽しみ、一曲一曲を噛み締めて来ようと思います。

そして、ライブに行く予定の方にはKatyのことを知るきっかけになってもらえたらうれしいです。

ご一読ありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました