Fujiki-Galleryは、Fujikiが絵画・音楽にまつわる情報をざっくばらんに好きなように発信するブログ。 洋楽、特にマイケルジャクソンが好き。

どうした2017年洋楽

5c8131af7d5d20f3c8f296538af74308.1000x1000x1

洋楽のトップアーティストたちに異変が・・・?


 

どうした2017年洋楽。

2010年代の洋楽を引っ張っているアーティストたちが、なぜか総じて「上がりきらない(=サビでの盛り上がりが低い)曲」をほとんど同じタイミングにリリースしているのです。

「あんなにポップで気持ちの良い曲ばかり出してたアーティストだったのに・・・」と、ちょっと落ち込みました。

最初はテイラーの今年の新曲を聴いたときに、この「上がりきらない」印象を受けたのですが、

「あれ、あのアーティストもなんかテンション低いな・・・」と、他のトップアーティストの曲も「上がりきっていない」ことが芋づる式にわかりました。

というわけで、そんな「上がりきらない」今年の曲をちょろっとまとめてみました。

 

2017のトップアーティストたちによる「上がりきらない」曲たち


 

Taylor Swift

Look What You Made Me Do

この曲のリリースは、告知が急でした。でも、いつの時代も新曲が発表されるのはワクワクしますね。

テイラー・スウィフトの公式LINEアカウントと、公式Twitterアカウントからよくわからないヘビの動画が送られてきて、

「お、そろそろテイラーの新曲が出るのかーやったー」とのんきに待っていました。

そして、いざ新曲が出たのでYou Tubeで聴いてみると・・・あ、あれ?なんかテンション低い・・・。

テイラーぽい、綺麗でもあり可愛らしさもあり、そしてとことんポップな音ではない・・・。

 

Maroon 5

What Lovers Do ft. SZA

テイラーの新曲をApple Musicで落として聴こうとしていたら、並んでマルーン5の新曲も出ていたので、

「おっ、マルーン5も新曲を出したのか」とこれまたワクワクしながらiPhoneに落として聴いてみました。

マルーン5といえば、ボーカルのアダムの伸びやかで綺麗な声が気持ち良い曲が多いバンド・・・あれ・・・?

なんか、アダムの声が全面に押し出されていないような気がする・・・。

 

Katy Perry

Swish Swish ft. Nicki Minaj

曲もファッションも超ポップなケイティ・ペリー。

彼女も新曲を出していたのをYou Tubeで見つけた(最初はこの短髪&金髪の人がケイティだとわからなかった)ので、聴いてみた。

あれ・・・ここがサビ?腹から声を出し切ってない!

ケイティ・ペリーの曲なのに、力強いサビじゃない!

 

総じて「上がりきらない」曲でした・・・。

超トップアーティストたちの新曲だったばかりに、すごく楽しみにしていたのですが、

「聴いていてすごく元気が出る」という曲ではありませんでした(個人的見解)

 

3年前はこんなにポップな曲であふれていた!


 

もし「2017年に入ってから上記の御三方を知った」という人がいたら、ぜひ3年前の曲を聴いていただきたいものです・・・。

だって、誰もが口ずさみたくなるような、耳に残ってすごく気持ちの良い曲があふれていたのだから!

3年前はこんな曲であふれていたんだ!

 

Taylor Swift

Shake It Off

そうそう、このリズム、このテイラー独特の声、わかりやすいサビ、覚えやすいフレーズ。

最初期の、カントリー調の曲から前作の「RED」でポップへと変貌し、そのポップさにさらに磨きがかかった”Shake It Off”

最高にポップな曲。

 

Maroon 5

Sugar

いやぁ~聴いていて気持ちが良いですね。

アダムの高い声がすごく活きている曲だと思います。

しかも、このPVが幸せすぎるPVで、曲を助長しています。

そうだ、マルーン5はこのアダムの高い声があってこそだ!

 

Katy Perry

Birthday

サビに入ると力強い声に切り替わり、ケイティ独特の「濃い」声になります。

どこまでもポップで、聴いていて自然と笑顔になれる曲だと思います。

 

はぁ・・・、2014年から2015年あたりは、こんなにポップな曲であふれていたのに・・・。

なぜ2017年に入って「上がりきらない」曲がぞろぞろとリリースされるようになったのか・・・?

次の章で、そのあたりを考えてみます。

 

2016~2017年は「上がりきらない」曲がトレンド??


 

上記御三方が今年に入って、あのような曲をリリースしていたように、「上がりきらない」のが昨今のトレンドなんでしょうか・・・?

そういえば最近聴いた曲の中で、「めっちゃ低テンションを保つ曲だなぁ~」と他人事のように聴いていた曲を思い出しました。

 

Migos – Bad and Boujee ft Lil Uzi Vert

Post Malone – Congratulations ft. Quavo

特に”Bad and Boujee”を聴いたときは、「おぉ・・・こんなにテンション低い曲があるのか・・・」とちょっとびっくりもしました。

でも、全米チャートで”2週連続で1位”という、めっちゃヒットしているのです。

これが最近の人たち(特にアメリカ)に受け入れられているということは、「上がりきらない」曲が作られる土壌はできている、ということですね。

また、音楽は時代を反映するものだから、2014年に比べて2017年の方が悲しい年ということなのか・・・?

 

ガンバレ、「ザ・ポップ」なアーティストたち


2014年には、ポップの王道を行くような曲を出していたアーティストたちが、軒並み「上がりきらない」曲をリリースしている・・・。

2017年はそんなテンションの低い曲がトレンドな年なのか!?

個人的には、Aメロ→Bメロとテンションが上がり、サビで一番盛り上がる、超気持ちの良い「ザ・ポップ」な曲が好きなだけに、この兆候は悲しい・・・

そんな中、あのアーティストはまだポップを駆け抜けてくれて、ホッとしています。

 

Bruno Mars – 24K Magic

われらがブルーノ・マーズ。

黄金の80年代からグランジが流行った90年代になっても、「キング・オブ・ポップ」として全く軸をブラさなかったマイケルのように、

ブルーノ・マーズも「ザ・ポップ」であり続けてほしいと願っています。

 

2017年は「上がりきらない」曲が多いと感じましたが、聴いていて気持ちの良い曲はやはり人を元気にしてくれます。

2017年、まだまだあと2か月あるので、ポップな曲たちが出てきてくれ~。


by
Fujiki galleryの管理人。 ゲームプランナーをしています。 大学時代には、美術・芸術を専攻。 Twitter(@Fujiki_Gallery)では音楽、美術中心につぶやきます。