Fujiki-Galleryは、Fujikiが絵画・音楽にまつわる情報をざっくばらんに好きなように発信するブログ。 洋楽、特にマイケルジャクソンが好き。

【予習】サマソニ2015に出演する海外アーティストまとめ

ブログアイキャッチ画像

夏=ライブ、フェス

Glasto-43

みなさんは今年の夏、音楽ライブやロック・フェスティバルに行く予定はありますか?

今回はそんなライブの中でも大型ライブ、サマーソニックについてご紹介します。

今年のサマソニは8月15日(土)と16日(日)。

この2日間を全力で楽しみたい!という方に、海外から来日するアーティストの予習として、彼らの代表曲を見ていきましょう。

どこかで聴いたことあるアーティストもいれば、今回初めて聴いて、サマソニでまた聴いて、ファンになっちゃうアーティストも

出てくるかもしれませんね。

今年もサマソニに出演する海外アーティストはたくさんいますが、特にオススメなアーティストを厳選したので、ぜひ予習しておきましょう。

 

サマーソニック(サマソニ)とは?

サマーソニック2015

SUMMRESONIC2015

サマーソニックは、毎年8月に東京と大阪で行われるロック・フェスティバルです。

2日間で約10万人を動員するという、大型のライブですね。

サマソニの魅力はなんといってもアーティストの豪華さ。

サマソニが始まった2000年はGreen Day、他にもOasis(2005年出演)やStevie Wonder(2010年出演)など、

多様なジャンルに渡って世界の「スター」と呼ばれるアーティストが毎年出演しています。

 

そして今回も、ここ数年の音楽シーンを彩るスターたちがサマソニに来てくれます!

サマソニまであと数日!

思い切り楽しむために、予習しておきましょう!

 


 

ポップ、R&B部門からはこの3人

音楽を楽しむうえで、やはりポップミュージックは押さえておきたいですね。

サマソニはもともとロックバンドが主に出演するライブでしたが、近年ではポップやR&Bのアーティストも出演するようになりました。

それではなおさら押さえておきたいところ。

ではまいりましょう。

 

Pharrell Williams

Pharrell Williams (ファレル・ウィリアムス)は、アメリカの音楽プロデューサー。

140707_pharrell

ソロで活躍する前は、元々The Neptunes(ネプチューンズ)というグループで活動していました。

スヌープ・ドッグブリトニー・スピアーズなど有名なアーティストの楽曲をプロデュースして、既に裏方として大活躍していました。

それからここ数年になってちょっとずつアーティストとして歌うようになって、

そんな彼を有名にしたのが、この曲。

 

Happy / Pharrell Williams (2013)

言わずもがなという感じでしょうか、超有名ですね!

ちなみに日本版MVも作られているんですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=k-FFdYoq2r8

このMVでは日本の有名人がたくさん出演しています。

サマソニでもこの曲を歌ってくれることを期待したいですね!

Happyならみんなで盛り上がれますもんね!

 

Ariana Grande

Ariana Grande (アリアナ・グランデ)は、アメリカのシンガーソングライター。

ariana-grande-press-650-430

もともと2008年からミュージカルやドラマに出演していて、女優として活躍していました

歌手デビューをしたのは2013年のこと。

そして彼女の代表曲は、去年にリリースされたこの曲。

 

Problem / Ariana Grande ft. Iggy Azalea (2014)

同じく去年活躍したラッパーのIggy Azalea (イギー・アゼリア) とコラボしています。

この曲はリリースした最初の週に43万5000ダウンロードを記録して、ビルボードでも2位まで上り詰めました。

アリアナ・グランデの曲は、「ザ・ポップ」というべき、キャッチーでノリの良い曲ばかりです。

とても分かりやすいメロディーなので、サマソニで初めて知った!という方でもすぐに彼女のファンになってしまうのでは!?

 

 


 

 

注目のバンドはオルタナ系

最近のロックバンドは個性が際立っていて、聴くとすぐに「あのバンドだ」と分かるようなアーティストばかり。

彼らの個性をしっかり予習した上で、本番でもしっかり楽しみましょう。

 

Imagine Dragons

Imagine Dragons (イマジン・ドラゴンズ) は、アメリカのオルタナティブ・ロックバンド

imagine_dragons_by_anthony_mair_WEB

オルタナティブとは、いわゆる「ポップ・ミュージック」を追い求めず、自分達の音楽性を追求する音楽ジャンルのことを広く言います。

alternative(オルタナティブ)という単語自体に「もう一つの選択、型にはまらない」といった意味があるので、そこからイメージできますね。

そんな彼らの代表曲はコチラ。

Radioactive / Imagine Dragons (2012)

ちょっと聴いただけですぐに彼らの曲だと分かるサウンド、そしてインパクトのある題名、実に特徴的ですね。

そしてイマジン・ドラゴンの中でも、とても夏っぽい曲があるのでそれもご紹介します!

On Top Of the World / Imagine Dragons (2013)

サウンドを聴くだけで海に行きたくなるような曲ですね!

サマソニでこの曲が聴けたら、気分がとても涼しくなって、テンションも上がりそうです↑↑

この曲も演奏してくれることに期待ですね!

 

Magic!

Magic! (マジック!) はカナダ出身のバンド。

Magic-band-637x381

この人たちが面白いのは、メインの音楽がレゲエだということ。

レゲエというジャンルは、1960~1980年代にジャマイカで成立した音楽ジャンルを指します。

ゆっくりゆったりしたリズムで、2拍ごとにギターが入る、聴くとすぐに分かる音楽です。

レゲエの中でも特に有名なアーティストが、Bob Marley (ボブ・マーリー) という人。

まずはこの人の曲から聴いて、レゲエの雰囲気をつかんでみましょう。

 

One Love / Bob Marley (1965)

どうでしょう、レゲエの雰囲気がつかめましたか?

ではその調子で、本題のMAGIC!の代表曲に移りましょう。

 

Rude / MAGIC! (2013)

彼らがレゲエバンドと呼ばれる理由が分かりましたか?

レゲエを現代風にアレンジした印象ですね。

他のバンドやアーティストと違って、彼らの曲はとってもゆったりした気持ちで聴ける曲調で、安心します。

最近のアーティストのルーツを探って、昔の音楽を聴いてみるのも音楽の楽しみの一つですね!

 


 

ライブに欠かせないEDMからはこの人!

 

最近の音楽シーンで外せないのは、EDM

EDMElectronic Dance Music の略で、最初はクラブでDJがかけるために作られた音楽でした。

そこからAviciiや今回紹介するZeddなどが活躍したことによって、EDMは世界的に流行ることとなりました。

一言で言うと、低音が4拍子で「ドンドンドンドン」と響いて、ノリの良い電子音楽、ということですね。

 

Zedd

Zedd (ゼッド) はドイツのDJ、音楽プロデューサーです。

zedd-5247ce0c34734

 

両親が共に音楽家という、音楽のサラブレッドなZedd。

EDMというと、低音がドスドス効いているイメージがやはりありますが、この人の曲はどこか上品な雰囲気。

低すぎる音が少なく、聴きやすい印象があります。

 

Clarity / Zedd ft. Foxes (2013)

 

そして実は、先ほどご紹介したAriana Grandeともコラボしていますよ!

音楽はこういうところでつながるんですねぇ。

 

Break Free / Ariana Grande ft. Zedd (2014)

 


 

さて、まだまだご紹介したいアーティストはたくさんいますが、

これらの人たちを押さえておけば、サマソニを思いっきり楽しむことができると思います!!

このサマソニをきっかけに、もっと洋楽を聴いてみたいな!と思ってもらえる人が増えると、とっても嬉しいです。

では、サマソニ2日間を楽しみましょう!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N745_zamanohimawaritoaozora-thumb-1000xauto-14565

 


by
Fujiki galleryの管理人。 ゲームプランナーをしています。 大学時代には、美術・芸術を専攻。 Twitter(@Fujiki_Gallery)では音楽、美術中心につぶやきます。